ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

健康教室 あさぎり町(1)

地域で活躍する介護 予防サポーター養成

 熊本県の南東部に位置するあさぎり町。03年に球磨郡上村、免田町、岡原村、須恵村、深田村の5町村が合併して誕生した。人吉盆地の中にあり、昼夜で寒暖差の大きい盆地特有の気候から年間を通してよく見られる「朝霧」が名前の由来になっている。人口は1万7000人、高齢化率は30.2%(10年10月時点)で上昇傾向にあるという。あさぎり町では現在、高齢者の健康維持の一環として地域で、高齢者向けの体操教室を指導する人材養成に取り組んでいる。

  • kume_n1110.jpg
  • 健康運動訓練士の久米竜太さん

 

 

 同町で開催している「介護予防サポーター養成講座」。1回2時間、全6回の講座で、介護予防サポーターとなるための過程を修了する。同町では、修了者がそれぞれの地域で体操教室等を開催し、町にくまなく健康増進の取り組みが広まることに期待を寄せている。現在、75人が3グループに分かれて受講中。取材当日の参加者は39歳から74歳まで幅広い年齢層の男女26人。同じ町の住民が集い、とてもアットホームな雰囲気に包まれていた。

 同講座の講師を務めているのは県内で介護用品を取り扱うミタカ(熊本県上益城郡、藤本宏輝社長)の健康運動指導士、久米野竜太さん。同社ではこの介護予防サポーター講座以外にも、県内の各地で健康体操教室や講演会などの介護予防事業に熱心に取り組んでいる。

(2)につづく

<ねんりんピック新聞2011熊本号>

 

  • 福祉住環境コーディネーター検定試験
  • SSL グローバルサインのサイトシール