ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

「優勝戦で戦おう」おしどりテニス夫婦、チームは分かれても

テニス

長崎県長崎市 加治屋脩さん(73)美津枝さん(67)

○夫妻4.JPG

 「テニス一家」だ。

 脩さんが、会社に入ってから始めたテニスに熱中している時に、高校時代にテニスを始めていた美津枝さんが入社し、テニスを通じて意気投合。結婚に至るのも自然の成り行き。結婚後は、仕事以外はテニスありきの生活が続く。

○カップ4.JPG

 30、40、50代には、2人でミックスダブルスを組んで、少なくとも月1回は県内、九州や全国の大会に出場する。文部科学省主催のスポレクにも3回出場した。脩さんが30代の時、交通事故のため2年間プレーできなかった時を除いて、ひたすら練習に打ち込んだ。そして、家に帰れば、食事中から、その日のテニスの反省会。自分では気づかない事をアドバイスし合えて、「互いにプラスになって、実力が向上した」という。

 60代になると、シニアの大会が中心になるが、最近では「ワンツーオー(120)大会」(2人合せて1 2 0 歳以上)にミックスダブルスで出場することが増えた。長い間のテニス大会出場で獲得したカップは、数えきれない。リビングルームの2つの大きな陳列ケースには、きちんと並べられたカップ類があふれている。さすが、スマートで上品なスポーツであるテニスに相応しく、しゃれたデザイン、色合いのカップである。しかし、これでも「かなりの数のカップは整理しました」という。 

テニス2人.jpg

 息子さんと娘さんも物心がつきだすと、自然とテニスに興味を持ち、2人ともテニス三昧の学生生活を送ったという。それが高じて、息子の謹さんは、現在ではTLD(TENISS LOVE DREAM)というテニス教室を主宰、ご夫妻も手伝っている。

 脩さんはねんりんピックは4回目。2010年の石川大会では3位になっている。

 ねんりんピックでは、ミックスダブルスはなく、男子65歳以上ダブルス、女子65歳以上ダブルス、男子75歳以上ダブルスの3組が1チームとなる。県予選の時は、2人は同じ会場で試合をしたが、別々の離れたコートだったので、お互いその経過は全く知らず、終ってみれば、脩さんは男子65歳以上ダブルスで優勝、美津枝さんは女子65歳以上ダブルスで準優勝だった。2人とも県代表にはなったものの、脩さんはAチーム、美津枝さんはBチームとなり、同じチームでの出場の夢はかなわなかった。

 しかし、初めての夫婦同時の出場は、2人とも「嬉しいです。楽しみにしています」と、「優勝戦で戦おう」を共通の目標に、お互い半世紀にわたるテニス人生の集大成を、地元長崎で示す時だ。

  • 福祉住環境コーディネーター検定試験
  • SSL グローバルサインのサイトシール