ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

火口内部をリアルタイム中継 阿蘇火山博物館

 火の国、熊本のシンボル阿蘇山。火砕流噴出を伴う大規模な火山活動を繰り返し形成された世界最大規模のカルデラと外輪山、カルデラのほぼ中央に位置し阿蘇五岳と呼ばれる中央火口丘群の総称だ。烏帽子岳中原に広がる高原、草千里ヶ浜にある「阿蘇火山博物館」では、阿蘇に関する貴重な資料の展示や様々な体験コーナーを設けている。阿蘇の歴史や風土に触れることでその魅力を一層、楽しむことができる施設だ。

 博物館最大の目玉は臨場感あふれる阿蘇噴火口の生中継視聴。現在も活動を続けており、今年5月には小噴火が確認された中岳。その火口壁に設置されたカメラが捉える火口内部をスクリーンで観ることができる。カメラは自由に遠隔操作でき、来場者は火口内の様子を隅々まで楽しめる。

資料館では、阿蘇火山の形成を視覚的に体感できる巨大ジオラマや実際に噴出した阿蘇火砕流のほか国内外の様々な火山資料等を常時展示している。また阿蘇の特殊な環境下にしか生息しない動植物や人と火山が共生することで生まれた文化、風習についても学ぶことができる。

 また屋外に出て、学芸員の解説を受けながら阿蘇散策ができるフィールドワークも行っている。このほか魅力的な企画展も随時開催する。 

  • n_aso_02.jpg
  • 阿蘇火山博物館
  •  
  • n_aso_03.jpg
  • 活火山内部を生中継
  •  
  • n_aso_01.jpg
  • 雄大な山と草原の風景

 

<ねんりんピック新聞2011熊本号>

  • 福祉住環境コーディネーター検定試験
  • SSL グローバルサインのサイトシール