ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

歌の力で介護を応援 高岡出身のシンガー島香織さん (2018年富山)

18n_shima_1.jpg

 高岡市出身のシンガーソングライター島香織さんは、今年9月にジャポニカ学習帳のCMソング「CAN~夢の扉~」でメジャーデビューを果たした。精力的な音楽活動の傍ら、「高岡ふるさと応援特使」として市から委嘱され、地元高岡の魅力を全国へ発信している。

 そんな島さんのもう一つのライフワークが福祉施設での出張ライブだ。自らを「社会福祉事業応援サポーター」と名乗り、全国各地の施設を訪ね歩いてきた。今年7月、埼玉県本庄市にあるサービス付き高齢者向け住宅「ケアリフ本庄」で開かれたミニライブでは、島さんの歌声や演奏でデイサービスの利用者らは大いに盛り上がった。「涙そうそう」「時の流れに身をまかせ」など往年のヒット曲を島さんが歌えば、手拍子をする人、一緒に口ずさむ人、ゆっくり体を揺らす人。思い思いに楽しむ。オリジナル曲に込めた母親や亡くなった祖母への思いを島さんが語り出すとみな真剣に耳を傾けた。

18n_shima_2.jpg

 メジャーデビュー曲の「CAN~夢の扉~」では、利用者、職員が演奏直前に覚えた振り付けで体を動かしながら、笑顔で声をあげた。アンコールにも応え、およそ1時間のミニライブは終了。利用者は名残惜しそうに手を振り続け、島さんへエールを送っていた。

 ヘルパー資格も持つ島さん。「高齢者の方、障がい者の方が住み慣れた地域で生活をできることを願い、この活動を始めました。これからも歌の力で皆さんを元気づけたい」と話した。

 

ねんりんピックしんぶん2018in富山

  • 【お知らせ】電子版「シルバー産業新聞」
  • シルバー産業新聞申し込み
  • ハンドブック申し込み
  • SSL グローバルサインのサイトシール