ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

【福祉用具で解決! 介護の困りごと】 「入浴中の転倒が不安」 入浴支援 (2018年)

18f_watanabe.jpg

 お風呂で身体を洗って一日の汚れを落とし、湯船でリラックスすることは、生活にとって欠かせないものです。しかし、高齢になり、心身機能が低下すると、お風呂に入ることは意外と大変で、危険な動作になります。お風呂でのヒヤリ・ハットは転倒が多く、「お風呂に入るのが大変、怖い」ことの原因の一つになっています。

 転倒の防止には浴室の壁に手すりを設置するなどの住宅改修が有効ですが、ここではお風呂での転倒しやすい動作に対する福祉用具での解決方法について解説します。

浴槽の入り口の段差の昇降

 洗い場の湯水が流れないよう、洗い場は脱衣所よりも一段低くなっていて、つまずきの原因となります。この段差を解消するために、洗い場に「すのこ」を敷きます。すのこは洗い場の広さや床の傾きに合わせて設置します。

浴槽をまたぐ

 またぐ動作では片足で身体を支持するため、バランスを崩しやすい動作です。また浴槽内は滑りやすく、洗い場と浴槽の底の高低差は浴槽をまたぐことをより一層難しくしています。「浴槽用手すり」は、浴槽の縁に挟み固定する手すりで、立ってまたぐときに片手で少し体重を支えるためのものです。

 片脚で立って浴槽をまたぐのが大変な場合、「バスボード」や「移乗台」を用いて、浴槽の脇にいったん座って片脚ずつ出し入れする方法が安全です。

 バスボードは浴槽の縁に掛け渡し、移乗台は台の片側を浴槽の縁にかけ、反対側の脚部を洗い場に立てて固定するものです。

浴槽内での立ちしゃがみ

 立ちしゃがみは座面が高いほど容易になります。「浴槽内台」は浴槽内に置く台で、いすとして使用します。また、浴槽が深くてまたぎにくい人には踏み台として利用できます。「滑り止めマット」は浴槽内での立ちしゃがみの時、足が滑って踏ん張りにくい場合に有効です。「浴槽内昇降機」は電気や水等の圧力を利用して座面が昇降するもので、座った姿勢のまま浴槽内に沈むことができる装置です。

お風呂の椅子の立ちしゃがみ

 洗体時に座る椅子で、通常の浴槽用のいすよりも座面が高く立ちしゃがみが容易です。座面の形状、背もたれや肘掛けの有無などさまざまなタイプがあります。座った時の安定性や洗い場の広さを考慮して、使い勝手の良いものを選択しましょう。

 

横浜市総合リハビリテーションセンター 地域リハビリテーション部長 渡邉愼一さん

 1987年4月より横浜市総合リハビリテーションセンター勤務。2002年厚生労働省老健局振興課福祉機器・住宅改修指導官。05年横浜市総合リハビリテーションセンター企画研究課課長補佐。16年より現職

 

福祉用具の日しんぶん2018

  • 【お知らせ】電子版「シルバー産業新聞」
  • シルバー産業新聞申し込み
  • ハンドブック申し込み
  • SSL グローバルサインのサイトシール