ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

福祉車両ってどんなクルマ?

日本自動車工業会福祉車両副部会長

大野修一氏

大野写真.jpg

 行きたい時に行きたい所に行ける「移動の自由」は人々の最も基本的な欲求のひとつであり、日々の生活の基本です。しかし、身体の障がいや高齢などの理由によって、移動に少なからず支障をきたしている人は、かなりの数にのぼります。また、世界に例を見ないスピードで高齢化が進行している日本において、「福祉車両」の普及が、今後ますます重要になってくることは、言うまでもありません。ここでは、福祉車両に関する疑問にお答えしていきましょう。

Q 福祉車両って、どんなものですか。普通の車とは違うのですか?

A 福祉車両とは、高齢者や身体の不自由な方のために、乗り降りや運転を容易にできるような機能を織込んだ車両です。大きく分けて身体の不自由な人の介護や送迎に利用できる「介護式」と、身体の不自由な人が自分で運転するための「自操式」の2つに分けることが出来ます。その中の「介護式」には次の3つのタイプがあります。

車.png ①「回転(スライド)シート車」(図1):シートが外側に回転、または回転・スライドすることで、乗り降りがラクにできます。車いすは使わないが、杖などを使ってご自分で歩くことが出来る方や車の乗り降りに不便を感じている方にオススメです。

 ②「昇降シート車」(図2):助手席または後席シートが電動で回転し外側まで出て、更に乗り降りしやすい位置まで下げる事が出来るので、車いすからの移乗がし易いです。車いすからの移乗が必要な方や足腰が弱い方向けです。常に運転席から目の届く助手席昇降、半身マヒなどで乗り降りする方向が限られる場合は、左右どちらからでも移乗が可能な後席昇降があります。

 ③「車いす移動車」(図3):リフトやスロープを使って車いすに乗ったままで乗り降りができます。常に車いすを使われる方やシートへの移乗が困難な方向けです。

 また、「自操式」とは「運転補助装置付車」(図4)のことで、手だけで運転操作するものや、左足でのアクセル操作、または足のみで運転操作ができるものなど、ご自身で運転される方のお身体の状態に合わせた補助装置や車いす収納装置などがあります。

Q どのように選べばいいですか?

A 「自分で歩けるけど乗り降りをスムーズにしたい」「車いすからシートへ乗り降りしたい」「車いすのまま乗り込めるようにしたい」。または、「身体が不自由だけど自分で運転したい」といったように、福祉車両のニーズを明確にしてタイプを絞っていきます。

 また、介護される方の考えを尊重しながら、障がいの進行度合いや介護する方の年齢・体力などを考慮する事やご家族の構成や人数、「介助される方」が乗り降りする時の駐車場の場所や広さも大切なポイントとなります。

 福祉車両は軽自動車から普通車まで、セダン・ミニバン・ワゴンなど色々なクルマがベースに成っています。平日はおばちゃんの送迎に使い、休日は家族揃って「普通のクルマ」として使いたいなど、どの様に福祉車両を使うのかライフスタイルに合わせて、ご家族のニーズにマッチした1台を選んで頂きたいと思います。

Q 福祉車両の最近のトレンドは?

 超高齢社会がますます進展する中、15年に介護保険法が改正され、施設入所から在宅介護・訪問医療を軸とした生活支援サービスへシフトしていく指針が打ち出されております。

 今後、ご家庭で暮らす高齢者が更に増え、家庭で利用しやすい福祉車両のニーズがますます高まって参ります。

 福祉車両を通して、お身体の不自由な方はもちろん、介助する方にとっても快適で安全な移動手段を提供し、豊かな生活を実現できるツールとして、今後ますます活用が期待される、と思っております。

 日本自動車工業会では、「はじめての福祉車両ガイド」を刊行し、福祉車両選びをわかりやすく説明しています。是非ご覧下さい。(http://www.jama.or.jp/welfare/

プロフィール

1981年トヨタ自動車工業(現:トヨタ自動車)に入社。2013年1月より自工会福祉車両部会の委員を務め、13年2月に副部会長に就任。トヨタ自動車国内商品部 車両企画室 ウェルキャブGに所属し、福祉車両事業に約3年携わっている

本.png

  • SSL グローバルサインのサイトシール