ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

最も身近で生活の幅を広げる自助具

ヒューマン代表

岡田英志氏

okada.jpg

Q 自助具って何?どういうものですか?

A 自助具は、思わぬ病気や事故、加齢などにより、日常生活で不便なこと・出来ないこと・人に頼みたいと思うことが出てきた時に、その生活動作をより便利に・より容易に、そして何より自分で出来るように工夫された道具のことです。

 例えば、ビンやペットボトルの蓋を開ける時に用いる、滑り止めマットやオープナーも自助具の一つです。これらの道具を使えば、力の弱い人も人に頼ることなく自分で蓋を開けることが可能になります。

 また、手に障がいがあって普通のスプーンやフォークがうまく使えない人も、太さや形状に配慮した握りやすい柄で、先端部を口に運びやすい角度に曲げられるスプーンや、食べ物が捕らえ易い先端形状のフォークなどがあれば、少しでも食べやすくなり、食事を楽しむことができるようになります。

 このように、自助具は福祉用具の中でも最も身近な道具であり、生活の幅を広げるものであると言えます。

Q どこで手に入れることができますか?

A 最近では市販品の自助具も増え、インターネットのサイトで検索したり、最寄りの市町村の福祉相談コーナーやサービス提供機関で欲しい自助具を探して、販売店で購入することができるようになりました。しかし、実際に手に取って使ってみて、自分に合っているどうかを確認することが大事です。物によっては、メーカーにモニター依頼して試すこともできます。それが出来ない場合は、福祉用具専門相談員に相談することをお勧めします。

Q 市販の自助具が合わない場合は、どこで入手することができますか?

A 病院や福祉施設では、理学療法士や作業療法士などの専門家に相談して、自助具を直接製作してもらうことが出来ます。また、自分の生活している地域に自助具を製作しているボランティアグループがあれば、そこを訪問して依頼することで、自分に合った自助具を手に入れることも出来ます。

 左の写真は、指先に力が入らないために筆記具を握ることができない方からの依頼で、ボランティアグループがコルク粘土で製作したペンホルダーです。

 コルク粘土は、滑りにくく手にやさしい感触の材料で、依頼者の手の形をしっかりと写し取ることができます。Aタイプは普通にペンを持った感覚で書くことのできるタイプ、Bタイプはパソコンマウスのように手を乗せて引きずって書くタイプです。

 どちらも依頼者にコルク粘土を握ってもらって型を取り、そこに筆記具の取り付け部を設けて、使いやすい形にまとめたものです。使う人の身体状況などによって使い分けることができます。依頼者からは、『また自分の手で文字が書けるようになった!』という喜びの声が聞けました。このように、依頼者と製作者が直に接して一緒に物づくりを進めることで、新しい使い方や自分が求めていたもの以上の自助具を発見できることもあります。

プロフィール

電機メーカーで製品デザインに携わり、福祉のモノ作りを志して独立。1993年より現在の「大肢協・自助具の部屋」に参加。現在日本リハビリテーション工学協会「自助具SIG」代表、日本インダストリアルデザイナー協会理事、神戸芸術工科大学非常勤講師

 

ペットボトルオープナー01.jpg

シリコン製のボトルオープナー

 

写真3.jpg

グリップ部を太くして持ちやすくしたスプーンとフォーク

スティックフォーク1.jpg

わずかな力で食べ物を刺して食べることができるフォーク

Aタイプ.jpg

Aタイプ

Bタイプ.jpg

Bタイプ

  • SSL グローバルサインのサイトシール