ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

フィット

 車いすや歩行器、リフトなど福祉用具は、これまでの生活を継続するためにはなくてはならないツールです。毎月160万人の方々が介護保険の福祉用具レンタルサービスを利用して、在宅生活を送っています。

 要介護度が高いほど、利用割合が高いのも特徴で、在宅で過ごす要介護4の人で8割、要介護5の人で9割の人たちがレンタル利用者です。

 介護保険は自立支援の考えにたって制度が作られていますが、多様なサービスがある中でも福祉用具サービスは自立支援の理念にそったものです。

 家族やヘルパーさんに遠慮しがちな在宅のご利用者ですが、福祉用具の活用ならば、そうした遠慮なしに、自分のしたいことができます。在宅の中重度者の福祉用具サービス利用が多いのも、うなずけます

 福祉用具利用の効用に、姿勢の保持があります。よい姿勢は健康によいばかりではなく、生きること、楽しみをもつこと、家族や社会の中で役割を果たすことなどに前向きでいられることに直結しています。

 よい姿勢を保つには、その人に合った用具を選び、正しい使い方をすることが大切です。

 最近の車いすは調整機構が付いたものがたくさん出ています。車いす用クッションも座位を保ち、お尻の圧を分散して痛くならないようするのに役立ちます。

 ケアマネジャーさんや福祉用具専門相談員さんなどに相談してみて下さい。

  • 福祉住環境コーディネーター検定試験
  • SSL グローバルサインのサイトシール