ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

その他コラム
【新連載】 I C Fからの福祉用具アプローチ:加島守2019年9月 9日09時15分

 

「環境」 の視点が加わったICF

201906_11_kashima_sensei.jpg

 2001年にWHO(世界保健機関)で採択されたICFは、人間の生活機能と障害の国際的な分類法です。多少乱暴かもしれませんが、支援を必要とする人をより的確に捉え、アプローチに繋げるための考え方だと思ってください。

 ICF以前は、ICIDH(国際障害分類)モデルが用いられており、その人が抱える障害、すなわち「疾患が生活・人生に及ぼす影響」に注目し、支援を考えるという意識が高まりました。

 このICIDHモデルを図で表したのが(図1)です。例えば脳卒中が原因で、片麻痺(機能障害)が残り、歩行困難(能力障害)となった結果、職場復帰できない(社会的不利)が生じている、といった具合です。ただ、▽障害というマイナスの側面のみに注目している▽疾患のみを原因に捉え、社会的不利に至るまでが一方通行――などの課題も指摘されていました。

201906_11b_ICIDHモデル.jpg

 ICIDHを改定し、誕生したICFでは疾患だけでなく、生活機能(心身機能・身体構造、活動、参加)から捉え、「環境因子」「個人因子」の要素も追加されました。(図2)のように各要素が一方通行ではなく、相互に影響を与え合っているという見方がICFモデルの特徴です。リハビリテーションで活動・参加へのアプローチが強調されるなど、日本の医療介護分野でもICFの考え方が取り入れられてきました。

201906_11c_ICFモデル.jpg

活動・参加、 生活を変える福祉用具

 ICFになって、ICIDHにはなかった「環境因子」の視点が加わり、福祉用具や住宅改修の活用が、活動や参加、そして生活のレベルに影響を与えるものとして捉えられるようになりました。

 次回から、ICFの「環境の変化から、活動・参加、そして生活を変化させる」部分に特に着目し、福祉用具・住宅改修の選定や提案に生かせる内容をお伝えいたします。

 

2019年6月10日号

「その他コラム」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • 【お知らせ】電子版「シルバー産業新聞」
  • シルバー産業新聞申し込み
  • ハンドブック申し込み
  • SSL グローバルサインのサイトシール