ケアマネジャーはじめ介護・医療に携わる皆さまへ様々な最新
情報を深く分かりやすくお伝えする「シルバー産業新聞」です。

Care-new.jp

大中小 テキストサイズ変更RSS

シルバー産業新聞

その他コラム
一口メモ 「アドバンス・ケア・プランニング」 [2018/04]2019年3月 1日17時05分

 人生の最終段階における医療やケアについて、本人が家族や医療・ケアチームなどと事前に繰り返し話し合うプロセス。厚生労働省が今年3月に改訂した「人生の最終段階における医療・ケアの決定プロセスに関するガイドライン」でも、「人生の0最終段階における医療・ケアは医師などの医療従事者から適切な情報の提供と説明がなされ、それに基づいて患者が医療従事者と話し合いを行い、患者本人による決定を基本として進めることが最も重要な原則」とし、対話を繰り返す重要性が強調されている。

 2018年度の介護報酬改定では、訪問看護のターミナルケア加算に、「同ガイドラインなどの内容を踏まえ、利用者本人と話し合いを行い、利用者本人の意思決定を基本に、医療・介護関係者と連携のうえ、対応を図ること」と算定要件に加えられるなど、医療・介護報酬とも紐づけられている。

2018年4月10日号

「その他コラム」カテゴリーの最新記事

シルバー産業新聞購読のご案内

発展する「シニアマーケット」の動向など、確かな業界情報はシルバー産業新聞から。

1年間(12回)
7,700円(送料・税込)
2年間(24回)
14,214円(送料・税込)
3年間(36回)
19,545円(送料・税込)

購読、書籍のお申込みはコチラ

  • 【お知らせ】電子版「シルバー産業新聞」
  • シルバー産業新聞申し込み
  • ハンドブック申し込み
  • SSL グローバルサインのサイトシール